2019年11月04日

11月3日 釣行(アジ)

アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム

皆さんこんにちは(こんばんは) コジーです。

先週アジが釣れたので、まだ釣れるかもしれないと思い、調査の意味も兼ねて今回もアジングに行って来ました。

いつも通り、放射温度計で表水温を測ると。。。


”10.8℃”

、、、マジですか。測定場所が悪かったのかと思い、何度か測定したのですが何度測定しても、11℃前後の値しか出ません。

もしや、温度計が壊れたのかとも思って、コジーの瑞々しい柔肌を測定してみると、32℃前後を表示しています。

放射温度計は壊れていないようです。

それでも、表水温と海中の温度では数度の差があるだろうし、アジがダメならソイくんに遊んで貰おうと自分に言い聞かせながら、半ば諦めムードでアジングをしてみる事にしました。

  • 時間;20:00~23:30
  • 潮回り;小潮
  • 表水温;10.8℃

活性が下がっているとみて、0.8gのジグヘッドをボトムまで沈め、ゆ~っくりとボトムを舐めるようにサビいていきます。

。。。小一時間、投げてみますがほぼ反応がありません。

唯一釣れたのは、この仔です。

・アジスタ!SS 0.8g
キャベツ海太郎 スパテラ1.5インチ クリアシルバーフレーク



それにしても大きいですね。

写真では曲がっていて、全長が若干短くなっていますが、本当の全長は25cm位ある筈です。

こんなに大きなハゼを見たのは初めてです。

それはそうと、ソイくんなら反応してくれるだろうと思っていただけに、不安になって来ました。

ここまでは、常夜灯下のあまり潮が動いていない所でしていたので、同じ港内の潮が動いている場所に移動します。

同じように、ボトムを舐めるようにサビいていると、モゾモゾとしたアタリがあったのでアワセると、小ゾイくんが釣れました。

それから暫くは、小ゾイラッシュでした。(写真はカツアイ)


しかし、潮がヨレているところに投げると小ゾイくんは反応するのですが、少し離れた潮が動いていない場所では、小ゾイくんですら全く反応しません。

ソイですら、港内を動き回っている様子が無いのであれば、アジは更に厳しいと思って来ました。

それでも、もう少し様子を見ようと思い、今度は潮のヨレを丁度漂うように、フライでよく言う、ナチュラルドリフトでボトムを舐めるように流していきます。

そうすると、今までと同じようにモゾモゾとした感じがあり、竿先で軽く聞くようにアワセると、さっきまでとは明らかに違う引きがあり、左右に動き回っています。

リールを巻いて近くまで寄せると、銀色に輝く魚体が見えました。

チャラチャラチャラチャラチャララ~

なんと言う事でしょう!

あんなに釣れないと思っていたアジが、匠の技によりナンチャラ

釣れちゃいました。アジが、、、

マグレかと思って、その後しばらく同じようにナチュラルドリフトを繰り返していたのですが、あとが続きません。

ワームの色や種類を変えても同じです。

やはりマグレだったのでしょうか?しかし、一匹しか釣れないと本当にマグレになってしまうので、もう少し”ねばーるくん”する事にしました。

その場所ではスレてしまったのか、小ゾイくんのアタリも無くなったので、同じような場所を見つけて移動しました。

今度もナチュラルドリフトで攻めてみます。

小ゾイのアタリは沢山あり、結構な数は釣れたのですが、なかなかアジは釣れませんでした。

それでも、アジを一匹追加する事は出来ましたYo

夜も更けて寒くなり、二匹釣れた事でマグレでは無い事が分かったので、これで納竿する事にしました。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

・アジスタ!SS 0.8g
・海太郎 スパテラ1.5インチ クリアシルバーフレーク


流石に水温が下がりすぎてきたので、今年のアジングは今回で終了になるかもしれません。

もし暖かい日が続き、シャローの水温が上昇すれば、ディープに落ちたアジが回ってくる可能性はありますが。。。

と言う事で、アジング釣行でした。


アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム



posted by コジー at 22:00| Comment(0) | アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

10月27日 釣行(アジ)


皆さんこんにちは(こんばんは) コジーです。

今年は道南地方にも、夏頃からアジが入って来ていたのですがサイズが小さく

サビキでは釣れているものの

なかなかアジング出来る大きさではありませんでした。

そろそろ秋も深まってきて、アジのサイズも大きくなったのでは無いかと思い

アジングに行ってきました。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

  • 時間;16:00~20:00
  • 潮回り;大潮
  • 表水温;15.6℃

表水温が低めですね~。

若干、水温が心配ですが、マズメで活性の上がったアジを釣りたいと思います。

まずは手広く探るために、メタルジグを投げてみます。

最近お気に入りのスロー系ジグを投げることにしました。




ボトムまで沈めて5~6回巻きジャクリ、その後カーブフォールの繰り返しです。

何回か繰り返していると、コンッコンッとアタリが。。。

何となくアジでは無いと思いつつも、あわせると。。。


定番のグーフーでした。(写真は面倒くさいので割愛)

もう10月も後半ですよ。

例年、道南地方では、10月に入れば水温も下がりクサフグの活性も下がるのですが

今年はまだ、クサグーフーくんが釣れるみたいです。

がっかりしながらも、本命狙いでキャストを繰り返します。

またアタリがあり、あわせると。。。

すると今度は、左右に走る走る。。。

アジでは無いと確信しつつ、手前までよせると


今度も定番のバーサーです。(写真は面倒XXなので割愛)

夕まずめになって、サバの活性も上がっているようです。

その後もしばらく粘ってみたのですが、グーフー&バーサー祭りで

夕まずめは終了しました。

アジの本番は夜だよな~と自分に言い聞かせながら、夜釣りに突入です。




常夜灯が効いてきたところで、ジグ単に変更しました。

まずは、1gジグヘッドにワームは定番のアジマスト1.6インチです。

ボトムまで沈めて、ゆっくりロッドでさびくと”コンッ”とアタリが、、、

やりました。今度は、本命のアジが釣れました。

その後もしばらくアタリがあって、何匹かは釣れたのですが

サイズが小さい。

いいサイズを期待していたのですが、まだ豆アジサイズです。

最大で10cm位しかありません。

そこで、ジグヘッドを0.8gに変更して、しばらく続けました。

結局、納竿までに10匹釣れました。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

・ジグヘッド1g、0.8g
・アジマスト 1.6インチ クリアピンクグロウ、UVチャートブルーFlk.

191027-01.JPG

写真では大きさは分かりにくいですが、最大で12cmです。

予想していたよりサイズは小さかったですが、久しぶりのアジングを楽しみました。

今後もしばらくは釣れそうなので、水温が下がるまでアジングを楽しみたいと思います。


アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム

posted by コジー at 11:33| Comment(0) | アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

7月15日 釣行(メバル)

皆さんこんにちは(こんばんは) コジーです。

今年の北海道は、本当に雨が多いですね。

それでもここ最近になって、ようやく晴れの日が出て来ました。

と言うわけで、漁港で小物くん達に遊んで貰おうと思い、ブログタイトルの如く”ライトゲーム”に行って来ました。

(一応本命は、”そろそろアジ入って来てないかな~”と言う事で、アジ狙いですYo!)

  • 時間;  20:00~23:00
  • 潮回り; 大潮
  • 表水温; 19.4

某漁港に到着してタックルの準備をしていると、何やら遠くの方から

「ド~ン、ド~ン」

と音が鳴っています。音が鳴っている方を見ると、、、

綺麗な花火が上がっています。

そうそう、今日は函館の花火大会の日でしたね。

花火を見ながらの釣りなんて、風流ですね~。

しばし花火に見とれていたのですが、ふと海面に目を移すと、、、

何やら海面が

「バチャバチャ」

と騒がしいではあ~りませんか

とここで、そこは釣り人、早速ワームを投げてみます。

表層を早巻きしていると、一投目から頻繁にアタリがあります。

なかなか乗せる事が出来なかったのですが、アタリがあっても無理にあわせずに、ただ巻きしていると、、、

・アジデント 1.5g
・アジマスト 2インチ
 ピンクグロウ
 メバル
180716-01.JPG


なんと言う事でしょう。”メバル”くんが釣れました。

北海道ではお馴染みの”ガヤ”こと”エゾメバル”くんでは無いですよ。

本州でお馴染みの、いわゆる”メバル”です。

以前から函館山の沖の方では、船釣りでメバルが釣れているのは知っていたのですが、オカッパリの漁港で釣れるとは思いませんでした。

コジーは、”メバル”くんを初めて釣りましたYo!

そうなると、本日の本命は”メバル”くんに変更です。

この後も釣れるかどうか。。。

一匹目が釣れた時と同じように、表層を早巻きします。

すると、、、

すぐにバイトがあり、また釣れました。

その後も、釣れ続けます。

しかし、チョットばかり魚種が違うんです。

メバル属はメバル属なんですが、目が小さくて口が大きいんです。

そうです。”クロ”ちゃん事、”クロソイ”くんなんです。

水温が上がって、シャローにクロソイが入って来ているんでしょうね。

15cm前後のクロソイが入れ食い状態です。

まるで、放流直後の管釣りのような状態です。

今日の本命は、君たちカルタス!じゃ無いんだよな~

と思いながらも、楽しみましたけどね。

ちなみに、クロソイくんの写真は

キャッツアイ

。。。じゃ無く

カッツアイ(割愛)

させて頂きます。あまりにも釣れすぎたので、、、

そんな中でも、どうにか本命”メバル”くんもゲット出来ましたよ。

・アジデント 1.5g
・アジマスト 2インチ
 ピンクグロウ
 メバル
180716-02.JPG


・アジデント 1.5g
・アジマスト 2インチ
 ピンクグロウ
 メバル
180716-03.JPG


・アジデント 1.5g
・アジマスト 2インチ
 ピンクグロウ
 メバル
180716-04.JPG


・アジデント 1.5g
・アジマスト 2インチ
 ピンクグロウ
 メバル
180716-05.JPG


・アジデント 1.5g
・アジマスト 2インチ
 ピンクグロウ
 メバル
180716-06.JPG


ちなみに、クロソイくんはこの10倍くらい釣れました。

そうそう、最後に良型のメバルを狙おうと思い、場所移動してボトムすれすれをゆっくり引いていると、、、

「ドンッ!」

とアタリと共に、ドラグがジージー佐藤と出て行き、良型が釣れましたよ。

・シラスヘッドファイン 1/16oz(1.8g)
・ストローテールグラブ
 メロングロウ
 クロソイ
180716-07.JPG


”尺メバル”もとい”尺メバル属””クロ”ちゃんです。

『キモティ~!』

それにしても、今日はクロソイの活性が高いですね。

『クロソイ 半端ないって!もぉ~
 あいつ 半端ないって!

 後ろからワーム
 めっちゃバイトするもん!

 そんなんできひんやん 普通!

 言っといてや
 バイトするんやったら』

と言うわけで、半端ない数釣りを楽しんだコジーなのでした。


アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム

posted by コジー at 11:00| Comment(0) | ロックフィッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。